• 研修員
  • おなかをおさえる
胃が痛む原因

検査する

胃がんとは、その名の通りに胃に出来る悪性腫瘍の事を言います。
胃とは、食道と小腸の間にある袋状の臓器です。
この臓器の主な働きは二つあり、その一つが食物を一時的に貯蔵する事、二つ目が食物を消化する事です。
こうした働きからも人間が生きていく上で、胃は非常に重要な臓器だと言えます。
この胃に悪性腫瘍が出来ると様々な症状が現われてきます。
代表的なものとしては、胃の痛みや不快感、胸やけや吐き気等があります。
ただし、このがんは初期の段階では自覚症状が少ないという特徴があります。
そのため、自覚症状が出た段階では、かなり進行しているケースも少なくないです。
また、上記の症状は胃炎等でも起きる症状で、この点も発見が遅れる原因の一つだと言えます。
こうした原因を知ることによって、明確な治療法を見つけることができる手段として役立てることができるようになります。

がん細胞に効果のある薬

胃がんの治療は病院で行なうのが基本です。
放置を続けると状態は悪化していき、多くの場合には死に至ります。
出来るだけ早い段階で発見する事が大切です。
具体的な治療方法についてですが、これにはいくつかの種類があります。
代表的なものとしては、薬物療法や手術等があります。
どの方法を用いるかは、患者の状態や患者本人の希望等を踏まえた上で決定されます。
一つ目の薬物療法とは、一般的には抗がん剤療法と呼ばれるものです。
抗がん剤という専用の薬を投与する事で、がん細胞にダメージを与えます。
ある程度の効果は期待出来るものの、人によっては強い副作用が出る場合があります。
二つ目の手術とは、外科的な処置で患部そのものを切除するという方法です。
がんの状態によって、胃の全切除や部分切除といった種類の中から選択します。

食事の面で予防

胃がんは発症すると、治すために多くの努力や期間等を必要とします。
そのため、発症してから治す事はもちろん大切ですが、予防にも力を入れる事が重要です。
予防のために一番大切な事は、がんの危険因子を出来るだけ遠ざける事にあります。
そのために一つ目として、食生活に気を配る事があります。
食品に含まれる添加物や、塩分の摂り過ぎはがんの危険因子だからです。
そのため、出来るだけ無添加・無農薬の食材を選ぶ事や、塩分を控えた食事を心掛ける事等が有効です。
二つ目として、喫煙も挙げられます。
タバコに含まれる成分には、がんを誘発する成分も含まれているからです。
禁煙が理想ですが、難しい場合には少しでも吸う本数を減らす努力が必要です。
また、それ以外にも定期的に検査を受ける事も重要です。
前述したように、このがんは自覚症状が少ないです。
そのため、初期で発見するためには定期的な検査が効果的なのです。

オススメリンク

研修員

具体的な治療法

胃がんでもステージが1からありますが、ステージ4の患者さんは手術も出来ないし内視鏡的にも取れない方がいます。今 […]Read more
おなかをおさえる

セカンドオピニオン

いざがんと告げられると多くの場合、パニック状態になります。病気への不安や恐怖の方が先立ってしまうことが多く、医 […]Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031